キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう

イスラエルの魅力を探る!!

旅行

イスラエルの魅力を探る!!

イスラエルは古い市街地や絶景な景色の見所が多いです。イスラエルと言うと古くさくて治安が悪くて行きづらいとイメージがある人も多いと思いますが。見所満載な国です。是非観光してみて下さい。詳しく情報知りたい方は下のリンクをご参照下さい。

イスラエル エルサレム旅行の動画

名称[編集]
ヘブライ語名の יְרוּשָׁלַיִם (He-Jerusalem.ogg Yerushaláyim[ヘルプ/ファイル], イェルシャラユィム、エル・シャーロム) は、しばしば「平和の町」を意味すると言われるが、これは語源を美しくしたいという思いが色濃く反映されたものである。実際の語源については諸説あるが、比較的有力な説のひとつは、「エル」をシュメール語またはセム語を語源とする「礎」の意に、「サレム」を古代セム神話の神「サレム」(「平和」と同語源)の意に取って「サレム神の礎」とするものであり、エルサレムは元々はサレム神を守護神としていたというものである。ミドラーシュでは、「Yhwh Yir'eh」(神はそれを見る)というヘブライ語と「サレム」という町の名前を合成したものとする。
アラビア語名の القُدس (ArAlquds.ogg al-Quds[ヘルプ/ファイル], アル=クドゥス, アル=クッズ[1]) は、「神聖なるもの」を意味する。この呼称はイスラム教徒のエルサレム征服後200年を経た9世紀にあらわれたもので、それ以前は「聖なる家」を意味するبيت المقدس (Bayt al-Maqdis、バイトゥル=マクディス) 、またはラテン語名のアエリア・カピトリナに由来するإيلياء(Īlyā、イーリヤー)の名で呼ばれていた。現在の「アル=クドゥス」はこのうち前者から派生したものである。イスラエル国内でのアラビア語の正式名はأورشليم القدس (Ūrshalīm al-Quds、ウールシャリームル=クドゥス) である。ただし、「ウールシャリームル=クドゥス(أورشليم القدس)」という呼称は、イスラエル政府による呼称に過ぎず、アラブ・パレスチナ側からみれば、エルサレムは通常アル=クドゥス(القدس)と称する。イスラエルにおいてエルサレムを「ウールシャリームル=クドゥス(أورشليم القدس)」と称している背景として、エルサレムはヘブライ語ではイェルシャラユィム(יְרוּשָׁלַיִם)と称しているため、アラビア語でもヘブライ語のイェルシャラユィム(יְרוּשָׁלַיִם)と同様に「ウールシャリーム(أورشليم)」としたいのではないかと思われる。
英語名は Jerusalem (英語発音: [ʤəˈruːsələm] ジャルーサラム) 。 ラテン語ではヒエロソリマ。

出典 http://ja.wikipedia.org

イスラエル旧市街地の風景(金の屋根)岩のドーム

イスラエル

イスラム教の先達ともいうべきユダヤ教、キリスト教の一神教をはぐくんだ聖地エルサレムは、イスラム教勃興以後、イスラム勢力が政権を握り、多くのイスラム教徒が他の一神教と共存するようになった。しかし、これら三つの一神教によるエルサレムを巡る紛争に象徴されるように、この土地は宗教間の対立が絶えなかった。
岩のドームはかつてのエルサレム神殿内にあり、建設はウマイヤ朝第5代カリフであるアブドゥルマリクが685年から688年の間のいつの時点かに建設を思い立ったことに始まり、688年に着工した。当時、イスラム最高の聖地メッカはアリー・イブン=アビー=ターリブ(第4代正統カリフ・アリー)を支持するイブン・アッ・ズバイルによって制圧されており、それが岩のドーム建設の直接の動機であったと推察される。
建物は、預言者ムハンマドが夜の旅(イスラー)に旅立ち、また、アブラハムが息子イサクを犠牲に捧げようとした(イサクの燔祭)場所と信じられている「聖なる岩」を取り囲むように建設され、692年に完成した。外部は大理石と美しい瑠璃色のトルコ製タイルによって装飾されているが、これは1554年にオスマン帝国のスレイマン1世の命によって建築家ミマール・スィナンが貼り直したもので、かつては樹木や草花、建物を画いたガラス・モザイクであった。ドーム部分は内部装飾も含めて11世紀に再建されたものだが、これはほぼ創建当時のままのデザインである。

出典 http://ja.wikipedia.org

イスラエルの旧市街地

イスラエル-2

概要[編集]
エルサレム旧市街は今日のエルサレム市内の0.9km² の区画である[1]。1860年代までは、この旧市街がエルサレムの全体であった。エルサレムはいくつかの歴史的な宗教における重要な遺跡を含んでいる。ユダヤ教徒にとっての神殿の丘と嘆きの壁、キリスト教徒にとっての聖墳墓教会、ムスリムにとっての岩のドームとアル=アクサー・モスクなどがそれである。
伝統的に、旧市街は19世紀になって導入された4つの区画に分けられている[2]。今日の旧市街は、ムスリム地区、キリスト教徒地区、ユダヤ教徒地区、アルメニア人地区に大別されている。

出典 http://ja.wikipedia.org

嘆きの壁

イスラエル-1

概要[ソースを編集]

訪れた人々が壁に触れて祈りをささげるため、人の背の高さの壁部分が黒ずんでいる
紀元前20年、ヘロデ大王によって完全改築に近い形で大拡張された神殿を取り巻いていた外壁の西側の部分であり、ユダヤ人は「西の壁」と呼んでいる。この部分を含め、外壁はその基礎部分がほぼすべて残されている。
名称[ソースを編集]
古いユダヤの書物の中に「神殿の西壁 (western wall of the Temple)」との言及がある。しかしこの壁が「嘆きの壁」か、それとも神殿群の別の壁かは不明である。現在の「嘆きの壁」に関する最も古い記述は、11世紀の詩人 Ahimaaz ben Paltiel によるものとされる。現在広く使われている Wailing Wall の名称は1917年にイギリス人によってつけられたとされ[1]、これは19世紀のヨーロッパの旅行者が、この壁を「ユダヤ人が嘆く場所」(英語:wailing place of the Jews, フランス語:Mur des Lamentations, ドイツ語:Klagemauer)と呼んだことに由来する[2][3]。なお、「嘆きの壁」の単語自体は古くからのアラビア語el-Mabka(「涙の場所」の意)の直訳である[4]。「嘆き」とは、神殿の破壊を嘆き悲しむために、残された城壁に集まるユダヤ人の習慣を表現している。なおイスラム教の預言者ムハンマドが、彼を乗せて天に昇った動物「ブラーク」をこの壁につないでおいたという伝説があり、1920年代に壁の所属をめぐってアラブ人とユダヤ人の間の緊張が高まった際、アラブ人はこの壁を al-Buraq と呼んだ[1]。
詳細[ソースを編集]
嘆きの壁の全長は約1600ft (490m) に及ぶが、一般には神殿の丘の西側外壁のうち地上に見えている幅約187フィート (57 m)の部分のみを指す。この部分は広場に面しており、壁の前が礼拝の場所になっている。これ以外に壁を外から見ることができるのは南側の約80mと、神殿の丘の Iron Gate の近くにある Little Western Wall であり、それ以外の壁は居住用の建物に隠れている。
神殿の丘にあたる場所は元は自然の高台であり、紀元前10世紀頃からすでにこの上に神殿(エルサレム神殿)が建てられていた。これが紀元前19年頃になってヘロデ大王によって大幅に拡張された。これが現在の神殿の丘であり、その西側の土留壁が現在の嘆きの壁である。
広場の前における壁の高さは約19m。地下に埋まっている部分も含めると32m。積み上げられた石は地上28段、地下17段の計45段[5]。
地上7段目まではヘロデ大王の時代のものである。エルサレム地方で採れる石灰岩エルサレム・ストーン (Jerusalem stone) の中でもメレケ (meleke) という種類の石が使用されている。旧市街のムスリム地区にある採石場ゼデキアの洞窟 (Zedekiah's Cave)[6]か、旧市街の4km北にあるラマット・シュロモ町 (Ramat Shlomo)[7]の採石場から切り出されたとみられる。1個あたり2tから8tの重さがあり、さらに重いものもある。中でもウィルソン・アーチ(Wilson’s Arch、壁のそばにあるトンネル状の祈祷所)の中から見える巨石 Western Stone は幅13m、重さは約570tに及ぶ。どの石にも深さ1.5cmの溝が5–20cm間隔で平行に刻まれている。ヘロデ大王時代はこの上にさらに付柱で飾られた高さ10m、厚さ1mの壁があり、その内側に沿って並べられた2重列柱の外壁として機能していたが、7世紀初頭の東ローマ帝国によるエルサレム侵攻によって破壊された。
地上8-11段目の4段は、ウマイヤ朝によって7世紀に追加された[8]。638年にエルサレムを支配下に置いたウマイヤ朝は、さらに691年に神殿の丘に岩のドームを建設している。
地上12–25段目の14段はオスマン帝国時代の1866年にイギリスの実業家モーゼス・モンテフィオーレ卿によって追加された。礼拝に訪れた人々を雨や陽射しから守るのがその目的であった。
地上26–28段目の3段はエルサレムのムフティーによって1967年に追加された[9]。
歴史[ソースを編集]
[icon] この節の加筆が望まれています。
嘆きの壁の歴史は、紀元前20年頃ヘロデ大王が改築した神殿の西壁として始まる。
70年にユダヤ人による反乱(ユダヤ戦争)があり、ティトゥス率いるローマ軍により鎮圧される。この際、エルサレムは炎上し、神殿は破壊され西壁のみが残った(エルサレム攻囲戦)。
バル・コクバの乱により、ユダヤ教徒のエルサレム立ち入りは禁止されていたが、ミラノ勅令により4世紀以降、1年に1日の立ち入りが許可されるようになる(詳細不明)。
1967年の第三次中東戦争以降、ユダヤ教徒はエルサレムへの立ち入りが許されるようになる。
2015年11月、パリ同時多発テロ事件への抗議と哀悼としてトリコロールの3色にライトアップした[10]。柵で仕切られた男女別の伝統的な礼拝が通例とされていたが、2016年1月31日にイスラエル政府は、男女で礼拝可能となる礼拝区域の設置を新たに承認した。

出典 http://ja.wikipedia.org

イスラエルと日本(元々同じ民族)の動画

イスラエル聖地旅行の動画

死海の動画

イスラエルの景色

イスラエル-3
イスラエル-4
イスラエル-6
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

関連記事

ピックアップ!

カテゴリー

月別アーカイブ

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう